インテリア・住生活商品販売のプロを認定するリビングスタイリストなど教育活動・資格認定事業を通して、住生活産業界に貢献します。

日本ライフスタイル協会サイトマップHOME
リビングスタイリストとは
試験方式と受験資格 試験申込み
1級受験要項申込み
団体受験について
試験結果データ
公式テキスト
フォロー講座のご案内とお申込み
受験者主要所属一覧
Q&A
合格者用変更届

合格者インタビュー
合格体験記
成績優秀者表彰

リビングスタイリスト講師とは
講師登録申込み
講師紹介

 なぜリビングスタイリストが注目されているのですか?
 リビングスタイリストの仕事の範囲は?
 住生活商品市場の将来性は?
 リビングスタイリストの活躍の場所は?


住生活商品に対する人々の要求は、急速に多様化・個性化しています。
機能性、安全性、デザイン性に優れた商品を求めるだけでなく、癒し、和み、安らぎなどの情趣を求める人々が増えています。
リビングスタイリストは、そのような人々の要求に応えられる知識と技能を持った接客販売のプロ(専門家)として注目を集めているのです。
Q&A画像1
>>質問一覧に戻る


リビングスタイリストの仕事の特徴として、住生活商品の選択や販売から店舗経営まで幅広い分野に関わることができるという点があげられます。
接客販売はもとより、新築客・リフォーム客のインテリアやエクステリアのプランニング、販売業務に伴う事務処理、伝票管理、商品計画としての商品管理、アフターサービスなどに携わっているリビングスタイリストもいます。
リビングスタイリストには高度な販売技術と商品知識が要求されているといえるでしょう。
Q&A画像2
>>質問一覧に戻る


日本の住宅は丈夫で長持ちする長寿命住宅の時代を迎えています。それは新築の時代からリフォーム・リニューアル時代への変革の流れであり、洗練された住生活商品志向の幕開けでもあります。
住宅の寿命が長くなることによって、家族構成の変化やライフスタイルの変化に応じて住宅リフォームが必要となり、もっと生活を快適にしたいという需要が増えます。
住生活商品も同じです。時代や社会の、そして家族のライフスタイルの変化に応じた快適に暮らすための装置として、センスの良い住生活商品への大きな需要が見込まれているのです。
Q&A画像3
>>質問一覧に戻る


インテリア専門店、百貨店、雑貨ショップ、スーパーマーケット、ホームセンターなど、住生活商品を扱うお店やショールームが活躍の場所になります。
さらに「豊富な知識と販売技能」を活かせる場として、家具、カーテン、照明、住宅設備、そして寝具、家電、音響などのメーカーや流通店など、住生活商品にかかわるあらゆる分野へ活躍の場が広がるでしょう。
住生活商品に特化した接客販売のプロ(専門家)として、リビングスタイリストは多方面から求められているのです。
Q&A画像4
>>質問一覧に戻る