インテリア・住生活商品販売のプロを認定するリビングスタイリストなど教育活動・資格認定事業を通して、住生活産業界に貢献します。

日本ライフスタイル協会サイトマップHOME
リビングスタイリストとは
試験方式と受験資格 試験申込み
1級受験要項申込み
団体受験について
試験結果データ
公式テキスト
フォロー講座のご案内とお申込み
受験者主要所属一覧
Q&A
合格者用変更届

合格者インタビュー
合格体験記
成績優秀者表彰

リビングスタイリスト講師とは
講師登録申込み
講師紹介

 


  3 級 2 級 1 級
実施時期 夏期(7月)
秋期(11月)
夏期(7月)
秋期(11月)
冬期(2月)
試験方式 マークシート方式 マークシート方式 記述式
受験料(税込) 5,000円 6,500円 11,000円
試験時間 50分 90分 自由(在宅)
程度と内容 小売流通、接客販売、 ビジネスマナー、家具、照明、アクセサリーなど。以上のような小売流通に 関する基本を理解している。 情報、マーケティング、 法規、設備など。3級の内容に加え、以上 のような事柄を十分に理解している。 商品調査、競合調査、時事問題など。2級と3級の内容に加え、以上のような事柄を十分に理解し、技能がある。
合格ライン 各級とも満点の70%
 

 制限はありません。どなたでも受験できます。
 ただし、1級受験は2級合格が条件となります。


 リビングスタイリスト資格試験には3つの級がありますが、夏期・秋期試験の2級と3級は
 同じ日に受験できます。試験時間は重複しないようになっています。
 受験料は併願する両方の級の合計金額をお支払い下さい。






審査の範囲 審査の基準
3



1、リビングスタイリストの仕事 リビングスタイリストの仕事の内容、必要な能力等に関する基礎知識を有していること。
2、流通 流通のしくみ、小売業の役割、小売業の分類等に関する基礎知識を有していること。
3、接客販売 接客販売の仕事、接客販売の事務、購買心理等、接客販売に関する基礎知識を有していること。
4、ビジネスマナー 社会人の基本、職場の人間関係、ビジネス用語等に関する基礎知識を有していること。



5、家具 いす、テーブル、収納家具等に関する基礎知識を有していること。
6、窓装飾 カーテン、シェード、ブラインド等に関する基礎知識を有していること。
7、照明 光源、照明器具等に関する基礎知識を有していること。
8、住生活アクセサリー グリーン、テーブル等に関する基礎知識を有していること。
2



1、リビングスタイリスト仕事 リビングスタイリストの仕事の内容、必要な能力等に関する知識を有していること。
2、流通 流通のしくみ、小売業の役割、小売業の分類等に関する知識を有していること。
3、情報 情報の集め方、情報の活用等に関する知識を有していること。
4、マーケティング マーケティングに関する基礎知識を有していること。
5、接客販売 接客販売の仕事、接客販売の事務、購買心理等、接客販売に関する知識を有していること。
6、ビジネスマナー 社会人の基本、職場の人間関係、ビジネス用語等に関する知識を有していること。
7、法規 住生活商品に関する知識を有していること。



8、家具 いす、テーブル、収納家具等に関する知識を有していること。
9、窓装飾 カーテン、シェード、ブラインド等に関する知識を有していること。
10、照明 光源、照明器具等に関する基礎知識を有していること。
11、設備 キッチン、バス、トイレ等に関する知識を有していること。
12、住生活アクセサリー グリーン、テーブル等に関する知識を有していること。
1
2級・3級と同じ審査範囲
及び時事問題
商品調査、競合調査、時事問題等に関する課題についての問題点のとらえ方、判断力、実務能力等を有していること。