インテリア・住生活商品販売のプロを認定するリビングスタイリストなど教育活動・資格認定事業を通して、住生活産業界に貢献します。

日本ライフスタイル協会サイトマップHOME
協会についてリビングスタイリストについてリフォームスタイリストについて講師・有資格者のご案内お問合せ
  心身の健康維持・増進のために熟睡・快眠できる寝室空間をつくる寝室の専門家

快眠空間スタイリスト資格制度とは
 
住居・寝室に関する知識、眠りや睡眠環境に関する知識、寝装・寝具や寝床環境に関する知識を有し、「熟睡・快眠できる健康な寝室空間」を実現できる者を育成することが目的です。すなわち、寝室を心身のリフレッシュできる良い眠りの場にするため、個々の施主(顧客)に合った熟睡・快眠できる寝室環境及び寝床環境を提案し、「空間」「眠り」「人」「モノ」を調和させることを職能とする人材の育成です。

  ※「快眠空間スタイリスト」は、日本ライフスタイル協会の登録商標です。




快眠空間スタイリストって何をする人?
 
快眠空間スタイリストとは、「静かな熟睡できる寝室がほしい」「いつでも快眠できる寝室にしたい」という施主(顧客)の希望を実現するための建築、インテリア、睡眠、寝具の知識を有したプロフェッショナルのことです。つまり、快眠空間スタイリストは、新築住宅や住宅リフォーム及び病院やホテル等の寝室のニーズが何であるか施主(顧客)の要望を把握し、寝室空間の睡眠環境及び寝床環境をプランニング・提案するのが仕事です。

なぜ快眠空間スタイリストが注目されているのですか?
 
現代の日本人は、大人から子供まで、睡眠が不足した状態で生活している人が多く、4人に1人が眠りについて何らかの不満を抱えています。睡眠不足は、肥満、糖尿病、高血圧といった生活習慣病のみならず、うつやアルツハイマー病、癌などのリスクを高めます。
新築住宅・住宅リフォームの施主の中にも「熟睡できる部屋が欲しい」「寝不足を解消したい」等々の声が増えていますが、この声に応えられる住宅営業マン、建築士、インテリアコーディネーター等の住宅専門家は、極めて少ないのです。
その理由は、彼ら住宅専門家が1、睡眠の知識が乏しいこと、2、寝室を「デリケートな場」「プライベートな場」という強い思いこみによって、施主の正しい要望を収集出来ずにいること、です。
このような状況を変える計画から生れたのが、快眠空間スタイリストです。睡眠の知識を身に付け「睡眠=健康」という切り口で施主とのコミュニケーションを計り、施主の真の希望を実現する寝室の専門家を育てようというのがこの資格の目的です。
快眠空間スタイリストは、「熟睡空間」「快眠空間」をプランニングできる豊富な知識を持った寝室のプロフェッショナルとして住宅業界、寝具業界だけでなく、病院やホテル業界から期待と注目を集めています。



快眠空間スタイリストの資格取得メリット
 




認定講座・論文試験の内容(予定)
 
内 容
認定講座 1.寝室の室内環境
2.睡眠の基礎知識
3.寝具の役割と基礎知識
筆記試験 寝室、睡眠、寝具に関する課題(自宅受験)
※講義終了後に問題を配布します。 後日解答を返却してください。
 
2017年度現在、試験の実施、募集は停止しています。内容、制度の見直しを行っております。
日本ライフスタイル協会では、「快眠空間スタイリスト」の既取得者は、快眠空間を実現するスペシャリストとして継続して認定しています。
再開の目処がつき次第、情報を更新し、お知らせします。