インテリア・住生活商品販売のプロを認定するリビングスタイリストなど教育活動・資格認定事業を通して、住生活産業界に貢献します。

日本ライフスタイル協会サイトマップHOME
リビングスタイリスト
試験方式と受験資格 試験申込み
受験要項申込み
団体受験について
試験結果データ
公式テキスト
フォロー講座のご案内とお申込み
受験者主要所属一覧
Q&A
合格者用変更届

合格者インタビュー
合格体験記
成績優秀者表彰

リビングスタイリスト講師とは
講師登録申込み
講師紹介






出戸 佳穂さん(京都光華女子大学短期大学部 ライフデザイン学科)
インテリアのことに興味をもっており、学校の授業もインテリア関係の事を主に勉強しています。 その授業担当の先生からの働きで、このリビングスタイリスト検定を受けることを決めました。 勉強方法は、主に公式テキストを読みました。 しかし読んでいるだけでは、完璧に覚えることができないので、実際に自分が買い物をするときの考え方や、自分が買い物をしているときにお店の人がどのように接客してくれるなどを思い描きながら勉強しました。 また、お客様の気持ちになって考えたりして、「おもいやりの心」を大切にして問題を解くように心がけました。 2級も前向きに挑戦したいと思います。

<氏名非公開>
学校から勧められていた資格だったので受験しました。 通学時間にテキストを読み勉強しました。 次は2級を取得したいです。

<氏名非公開>(中央工学校)
学校の資格試験情報を見て興味を持ち、受験することを決意致しました。 その後、教材を購入して受験勉強を開始致しました。 最初の内は、テキストを見ながら時間をかけて問題を解くことで内容を じっくりと理解しながら勉強していきました。 問題に慣れてくると、テキストを見ずに問題を解くことにしました。 分からない所はじっくりと考え、それでも分からない場合はテキストを見て 問題を解いていきました。これを繰り返し行うことで着実に内容を理解していきました。 この勉強法で受験当日まで勉強しました。そのおかげか、受験当日は全く緊張せずにスラスラと問題を解くことができ、自信を持って試験を終えることが出来ました。 その後、結果が届き「合格」という文字を見た時、とてもうれしかったです。 しかも奨励賞も頂くことが出来ると知り、更に嬉しくなりました。 受験して本当に良かったです。